加古川市で新築一戸建てのイメージ

subpage1

兵庫県加古川市は太平洋に面している市町村になりますが、新築一戸建て住宅を建てる場合はどのようなイメージを持ったらよいでしょうか。


今まで新築一戸建て住宅を建築したことがない人であれば、いまいちイメージがわきにくいかもしれません。

まず内装については、できるだけ太陽の光を入れるようにした方がよいでしょう。

加古川の駅前などを除けば加古川市内自体はわりと家と家のすき間があります。


そのため、太陽光など入りやすい条件がそろっていますので、新築一戸建て住宅を建築する場合もそのメリットを十分に生かすべきです。もちろん夏の暑さが苦手な人であれば別ですが、やはり1年を通して太陽の光を浴びるというのは良いことです。
そうだとすれば南側に大きな窓をもってしてもよいのではないでしょうか。南側に大きな窓をもってくる場合のポイントは、リビングだけにしておくことです。
もちろんリビング以外にも大きな窓にしてもいいかもしれませんがメリハリが重要になります。


部屋もすべて明るくする必要もなく、ポイントを押さえて明るい部屋と普通の部屋をつくってみてもいいのではないでしょうか。



窓については、紫外線があまり入らない窓がいいでしょう。



最近は紫外線があまり入らない窓というのも一般的に売られていますので、業者にお願いをしてそういった窓をつけてもらいましょう。



外壁については明るい色にしてもいいかもしれません。

海の近くだと明るい色が似合うからです。